画像でわかるFreeBitco.in(フリービットコイン)の登録方法~自動取引で月30万円!?~

2018年11月11日

FreeBitco.inとは

FreeBitco.inは、bitcoinを無料で増やせるポイントサイトです。「Bitcoin Faucet」と呼ばれる仕組みで、広告のクリックや出金時の手数料などを運営費として得て、運営されています。日本にも「げん玉」や「モッピー」などがありますが、それの海外版で、報酬をBitcoinで貰えるサービスです。通常こうしたサービスは得ることのできる報酬が少ないことが多く、FreeBitco.inも同様です。しかしながら、FreeBitco.inの中の、「Multiply BTC(ハイ&ローゲーム)」は、自動化することで、利益を積み重ねることができます。

①Multiply BTC(ハイ&ローゲーム)で稼ぐ

下の画像が「Multiply BTC(ハイ&ローゲーム)」を自動で動かしている様子です。「Multiply BTC(ハイ&ローゲーム)」は単純で、1~10000までの数字の中から次に提示される数字が5000より上か下を予想して賭けるゲームです。通常であれば、よほどの強運がないと勝つことは難しいですが、0.00000001BTC(約0.019円)から賭けることができ、かつマーチンゲール法を自動化できることから収益を上げることができます自動化もツールは必要なくGoogle Chromeの機能を用います)。

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法は、最初に1賭けて、負けたら2倍の2を賭けて、また負けたら2の2倍の4を賭けて…と、倍々で賭けていく方法です。

1を賭けて負け(損失1)

2を賭けて負け(損失1+2=3)

4を賭けて負け(損失1+2+4=7)

8を賭けて勝ち(利益8から損失7を引いた1の利益)

上記のように、負け続けても1回勝ちを拾えれば利益がでる仕組みになっています。カジノ等で用いられる方法で、デメリットとして、賭けられないほど負け続けると損失がでる、このため原資が多く必要になるなどが挙げられます。しかしながら、FreeBitco.inはbitcoinを賭け、0.00000001BTC(約0.019円)から賭けることができるため、原資も少なく済みます

原資がいくらあれば良いか

下表は、1回に0.00000001BTC賭けるとしたときの必要残高と負ける確率です。私が1か月ほど回し続けた時に15回連続で負けたことがありました。しかし、16回以上負け続けるとなると0.0033%とまず起こりえない数値です(必ずではありませんが…)。このため、私は保険を利かして、20回程度連続負け続けても問題ない額を入れてあります。さらに、0.002BTC(約4000程度)利益が出たら別の取引所に送金するようにしています。

登録方法

アカウント作成

以下より登録方法になります。まずFreeBitco.inの公式ページにアクセスします。

FreeBitco.in公式ページ

次に「SIGNUP」をクリックします。

E-mailアドレスとパスワードを入力します。Your Referrerはそのままで、画像にでている文字を入れて認証後SIGN UPをクリックします。

FreeBitco.inへの入金

アカウントの登録は完了です。次にFreeBitco.inにBitcoinを入金するためにDEPOSITをクリックします。

YOUR DEPOSIT ADDRESSをコピーします。これが受取りアドレスになります。スマホなどからであれば、QRコードを取り込みます。

ここではCoincheckから送金する方法を説明します。コインを送るをクリックしましょう。

送金先リストの編集をクリック。

先ほどコピーしたアドレスを宛先として設定します。

設定した送金先リストの中から選択して、金額を入力したら送金するをクリックします。先に説明したとおり、最低0.02BIT程度は送金した方がよういでしょう。

送金はBitcoinのつまりなどがなければ当日中にはFreeBitco.inの残金に反映されます。私は30分程度で反映されました。残高が反映されたらMultiply BTCをクリックします。

画面内のどこでもよいので、右クリックし検証をクリックします(ブラウザはGoogle Chrome必須です)。

Consoleをクリック。

Console欄に下記のコードコピー&ペーストして、エンタキーを押します。なお、最初の「var startValue = ‘0.00000001’」の数字を調整することで、掛け金を変更することができます。変更した場合も、マーチンゲール法でシステムが動きます。


var startValue = ‘0.00000001’, // Don’t lower the decimal point more than 4x of current balance
stopPercentage = 0.001,
maxWait = 333,
stopped = false, // debugging
stopBefore = 1; // In minutes for timer before stopping redirect on webpage
var $loButton = $(‘#double_your_btc_bet_lo_button’),
$hiButton = $(‘#double_your_btc_bet_hi_button’);
function multiply(){
var current = $(‘#double_your_btc_stake’).val();
var multiply = (current * 2).toFixed(8);
$(‘#double_your_btc_stake’).val(multiply);
}
function getRandomWait(){
var wait = Math.floor(Math.random() * maxWait ) + 100;
console.log(‘Waiting for ‘ + wait + ‘ms before next bet.’);
return wait ;
}
function startGame(){
console.log(‘Game started!’);
reset();
$loButton.trigger(‘click’);
}
function stopGame(){
console.log(‘Game will stop soon! Let me finish.’);
stopped = true;
}
function reset(){
$(‘#double_your_btc_stake’).val(startValue);
}
function deexponentize(number){
return number * 10000000;
}
function iHaveEnoughMoni(){
var balance = deexponentize(parseFloat($(‘#balance’).text()));
var current = deexponentize($(‘#double_your_btc_stake’).val());
return ((balance)*2/100) * (current*2) > stopPercentage/100;
}
function stopBeforeRedirect(){
var minutes = parseInt($(‘title’).text());
if( minutes < stopBefore )
{
console.log(‘Approaching redirect! Stop the game so we don\’t get redirected while loosing.’);
stopGame();
return true;
}
return false;
}
$(‘#double_your_btc_bet_lose’).unbind();
$(‘#double_your_btc_bet_win’).unbind();
$(‘#double_your_btc_bet_lose’).bind(“DOMSubtreeModified”,function(event){
if( $(event.currentTarget).is(‘:contains(“lose”)’) )
{
console.log(‘You LOST! Multiplying your bet and betting again.’);
multiply();
setTimeout(function(){
$loButton.trigger(‘click’);
}, getRandomWait());
}
});
$(‘#double_your_btc_bet_win’).bind(“DOMSubtreeModified”,function(event){
if( $(event.currentTarget).is(‘:contains(“win”)’) )
{
if( stopBeforeRedirect() )
{
return;
}
if( iHaveEnoughMoni() )
{
console.log(‘You WON! But don\’t be greedy. Restarting!’);
reset();
if( stopped )
{
stopped = false;
return false;
}
}
else
{
console.log(‘You WON! Betting again’);
}
setTimeout(function(){
$loButton.trigger(‘click’);
}, getRandomWait());
}
});startGame()


これで自動でBETが行われます。

 

②FREE BTCでコツコツ稼ぐ

Multiply BTCよりも堅実に稼ぐ方法が「FREE BTC」です。FREE BTCでは、1時間おきに1回できるロールを回して、ビットコインをもらえます。ロールした後の4桁の番号にとって、貰えるBTCが変わります。9886以上が出ることは稀ですので、ほぼ1時間当たり0.00000217BTC(その時のBTC価格によって変わります)になります(=約1.57円)。1日(1.57円×24時間=37円)、1週間(37円×7=259円)1か月(259円×4=1,036円)、1年(1,036円×12=12,432)になります。これは、0-9885の場合になりますので、それ以外の数字が当たれば、想定以上のBTCを得ることができますし、何よりBTCが減ることがありません。

手動で1時間おきにクリックするのもよいでしょうが、手間を考えると効率的ではありません。そこで、ロールを自動で回せるよう設定します。自動ロールを行うためには、Firefoxのアドオンを使います。このため、ブラウザ「Firefox」をあらかじめインストールしておきましょう。

Freebitcoin Auto-rollの追加

Firefoxのアドオンである「Freebitcoin Auto-roll」を追加します。Firefoxの右上、「三本の棒」マークを押し、その後「アドオン」をクリックします。

検索ボックスに「auto-roll」等と入力し、「Freebitcoin Auto-roll」を検索します。

「Firefoxへ追加」をクリック

「追加」をクリックすると「Freebitcoin Auto-roll」の追加が完了します。

残高の追加とreCAPTCHA認証の無効化

FREE BTCでは、ロール毎にreCAPTCHA認証を求められます。アドオンの「Freebitcoin Auto-roll」もこの認証を回避できるものではないため、Freebitcoinに残高を入れる必要があります。

Freebitcoinは、0.1BTCの残高があるとreCAPTCHA認証を無効化できます(2018年11月11日現在)。

0.1BTCを入金して、「PLAY WITHOUT CAPTCHA」をクリックします。するとreCAPTCHAのクリックボックスが表示されなくなります。

最後に、Firefox右上に表示されている「Freebitcoin Auto-roll」をOnにします。すると自動でロールがされ、1時間後にはまた自動でロールするようになります。(PCの電源はつけておく必要があります。)

 

出金方法

まずは受取る口座のアドレスを登録します。PROFILEをクリックしましょう。

CHANGE WITHDRAW ADDRESSをクリック。

BITCOINを受け取る取引所等のアドレスを入力し、Freebitcoinのパスワードを入力します。その後、CHANGEをクリックしましょう。

実際に出金する際の操作です。

WITHDRAWをクリックします。

AUTOとあるのが毎週日曜日に自動で出金する設定をできる欄になります。

今回はSLOWを選んで手動出金手続きをします。なお、INSTANTは手数料が高いものの、早く出金できる方法です。送金額と受け取りアドレスを入力後、WITHDRAWをクリックしましょう。

問題なく手続きが完了すると、送金先の取引所などに入金されます。私の場合、SLOWで手続き後、6時間後に到着しました。目安の時間は出金画面下部にも表示があります。

以上になります。自動でBitcoinが増えるシステムなのでぜひ試してみてくださいね。